クルマ三昧

昭和世代の反省と自覚 YouTubeを始めた僕がウェブ配信で意識していること (2/2ページ)

木下隆之
木下隆之

 話題の新車をいち早くインプレッション

 ただし、その数字に惑わされてはいけないとも感じている。YouTubeを始めて3カ月だから、まだまだ修行の身である。だがそれでも分かるのは、やはり新車の反応はあからさまにいいことだ。それが販売台数が見込まれる大衆車であれば、より多くの読者の目に届く傾向にある。バイヤーズガイドとしての視聴が多いのであろう。だから、僕は、可能な限りいち早く話題の新車の記事を発表することにしている。

 だが、それだけではどこか物足りない。仮に話題性が薄くとも、それでもぜひ知っていて欲しいネタがあれば紹介しようと思う。路地裏を背をかがめながら歩くようにして拾い集めた、クスッと頬が緩むような情報もお届けするつもりだ。それをちょっと特殊なキノシタ風の文体でお届けすることも少なくないと思う。

 同じくSankeiBizで連載中の「試乗スケッチ」では、最新モデルの試乗記を書き連ねている。この「クルマ三昧」は、試乗記から離れて拾い集めたネタである。「試乗スケッチ」はストライングゾーン真ん中の直球であり、「クルマ三昧」はアウトコースギリギリにハズレるスローカーブだと思っている。それが証拠に、SankeiBizという媒体を借りて、豊かな情報を期待しているSankeiBizの読者に、自らのYouTubeを告知するというスローカーブを投げ続けているのだから呆れられてもしかたがあるまい。

 というわけで、なんだか妙な所信表明のようになってしまったが、これからも「SankeiBiz」と「木下隆之channel CARドロイド」をよろしくお願いします(笑)。

木下隆之(きのした・たかゆき)
木下隆之(きのした・たかゆき) レーシングドライバー/自動車評論家
ブランドアドバイザー/ドライビングディレクター
東京都出身。明治学院大学卒業。出版社編集部勤務を経て独立。国内外のトップカテゴリーで優勝多数。スーパー耐久最多勝記録保持。ニュルブルクリンク24時間(ドイツ)日本人最高位、最多出場記録更新中。雑誌/Webで連載コラム多数。CM等のドライビングディレクター、イベントを企画するなどクリエイティブ業務多数。クルマ好きの青春を綴った「ジェイズな奴ら」(ネコ・バプリッシング)、経済書「豊田章男の人間力」(学研パブリッシング)等を上梓。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。日本自動車ジャーナリスト協会会員。

【クルマ三昧】はレーシングドライバーで自動車評論家の木下隆之さんが、最新のクルマ情報からモータースポーツまでクルマと社会を幅広く考察し、紹介する連載コラムです。更新は原則隔週金曜日。アーカイブはこちら。木下さんがSankeiBizで好評連載中のコラム【試乗スケッチ】こちらからどうぞ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus