新時代のマネー戦略

一見お得な「上乗せ還元」のここに注意 マイナポイント登録先の賢い選び方 (1/3ページ)

小沢美奈子
小沢美奈子

 申し込みがスタート 実施は9月から

 7月よりマイナポイントの「申し込み」が開始されました。マイナポイントは、(1)消費の活性化、(2)マイナンバーカードの普及促進、(3)官民キャッシュレス決済基盤の構築…を目的とした国の事業で、9月から実施されます。具体的にはキャッシュレスで2万円のチャージまたは買い物をすると、1人あたり5000円分のマイナポイントがもらえる事業ですが、マイナポイントを受け取るためには、マイナンバーカードを申請し、所定の登録をする必要があります。

  • 「そもそもマイナポイントって何?」
  • 「どこの決済業者がお得なの?」
  • 「早く申請したほうがいいの?」

 今回は、それらの疑問にお答えすべく、マイナポイント事業の概要と決済業者やサービスの選び方などをご紹介します。

 そもそもマイナポイントとは?

 マイナポイントとは、マイナンバーカードでマイナポイントを「予約」した人を対象に、選択したキャッシュレス決済サービスでチャージや買い物をすると、買い物に使えるポイントを国が付与する仕組みのことです。つまり、マイナポイントとは仕組みを意味し、実際に付与されるマイナポイントは、自分が選択したキャッシュレス決済サービスのポイントということになります。

 もらえるマイナポイントは、2万円のチャージまたは買い物に対して、1人あたり最大5000円分となっています。4人家族の場合は、合計で2万円分のポイントが受け取れるということです。

 注目を集めるのが「上乗せキャンペーン」

 2020年9月以降に2万円分のチャージか買い物をすると、最大5000円分のポイントがもらえるのがマイナポイントの基本的な内容です。ここにきて、ポイントを自社のポイントやペイ残高を独自に上乗せするキャンペーンを実施するキャッシュレス決済業者やサービスも登場しています。

 見落としがちな「条件」 決済業者選びが肝となる

 マイナポイントは、申し込み後に決済サービスの取消や変更ができないようになっているため、最初にどこの決済サービスを選ぶかがマイナポイントを有効活用するカギとなります。ポイントの上乗せはたしかに魅力的ではあります。しかし、上乗せ額に囚われて普段あまり使わない決済サービスを選んでしまうと、マイナポイントをもらうために余計な買い物をするハメにもなり兼ねません。あるいは、せっかくもらったポイントを、失効させてしまう可能性も否めません。なお、受け取ったマイナポイントの有効期限もサービスごとに異なっています。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus