ヘルスケア

東京から大阪・名古屋・福岡へ 7月新型コロナ感染が急拡大

 新型コロナウイルスの新規感染者が各地で過去最多を更新するなど7月は感染再拡大が鮮明になり、第1波のピークだった4月を上回る波が生じている。4月は緊急事態宣言発令で収束に向かったが、現状は休業要請などの対策が再始動したばかりで減少に転じる気配はない。特に感染者が多い東京都や大阪府では重症者数など医療・検査態勢の指標が当時より低水準だが、予断を許さない。

 都の7月の累計感染者は6466人で、1カ月で全感染者の半数を占めた。4月の3748人と比べても、1・7倍に増大した。7月9日に224人と4月17日の206人を上回り、過去最多を記録。その後最多を6回更新し、31日には463人に達した。

 感染者急増の背景は、「夜の街」関連のクラスター(感染者集団)発生を機に無症状者も含め濃厚接触者の検査を徹底したからだ。PCRなどの検査数は1日最大約5500件に上り、7月の累計検査数は4月の10倍に増えた。

 4月は感染疑いでも検査が受けられないなど能力不足が明らかで、検査数に占める陽性者の割合を示す「陽性率」(7日間平均)は3割を超えた。一方、7月は下旬でも6%台を維持。ただ、検査数が増えても上昇傾向が続いているため、検査需要に追い付いていないとの見方もある。

 海外からの帰国者がもたらしたとみられる第1波は、病院や福祉施設などでクラスターが同時多発的に起きるなど全国に不規則に拡大した。一方、今回の波は東京都が感染源になり、首都圏や大阪府、愛知県、福岡県と大都市圏へ、さらに地方部へと伝播(でんぱ)しているのが特徴だ。

 大阪府は7月の累計感染者が2224人。1~7日72人▽8~14日160人▽15~21日476人▽22~28日889人-と1週間ごとに倍増するペース。4月は宣言後の9日の92人をピークに減少傾向に入ったが、今回は東京都から1~2週間遅れで感染拡大がみられ陽性率は10%を超える。

 医療態勢の逼迫(ひっぱく)度として重視される重症者数。都では4月下旬に105人を抱え、死者も連日20~30人出た。7月も中高年層への感染の広がりに伴い、増加傾向にあるが、31日時点で16人にとどまる。前日からは6人減り、小池百合子知事は「新規の重症者を出さないことが、コロナ対策の一番大きなポイントになってくる」と強調した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus