ライフ

シェークスピア全集、競売で10億円 文学作品で最高額

 1623年に出版された英劇作家シェークスピアの初の戯曲全集「ファースト・フォリオ」が米国で競売に掛けられ、約998万ドル(約10億5千万円)で落札された。競売大手クリスティーズが15日までに発表した。400万~600万ドルの予想価格を大幅に上回り、クリスティーズは文学作品としては最高額での落札としている。

 全集には36の戯曲が収められており、シェークスピアの死後に友人の劇作家らが編さんした。「マクベス」や「十二夜」など18の戯曲はこの全集で初めて発表され、英文学の歴史で「最も重要な書籍」と言われる。

 競売は14日に電話を介して行われ、落札したのは米国の収集家の男性だった。良好な保存状態で残っている全集は極めて少なく、この男性はクリスティーズに対し「購入できて光栄だ」と喜びを語った。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus