デキる男は住まいから

プリントはビリビリに破る! 夏休みは親子で「ストレス発散かたづけ」 (1/2ページ)

香村薫
香村薫

 夏休みが始まりましたね。休みになると在宅人数が増えるためどうしても部屋が散らかりがち。今回はそんなおうち時間が長い中で、父と子が楽しくストレス発散しながらできる家事をご紹介します。

1.プリントはビリビリ破ってポイッ

 まずは散らかった部屋を見渡してみてください。テーブルや棚の上に積みあがった書類、プリント類に目が行きませんか? 人がプリント類をポイっと置く場所は、「ゴールデンゾーン」と呼ばれる目線が行きやすい高さの場所であることが多いものです。

 そこでまずは「誰のプリントなのか?」という基準で分ける事から始めましょう。

 まだお子さんが小さい場合は

  • 絶対に必要なプリント
  • これは不要では? と思うプリント

 に大人が分けて、不要では? と思ったプリントのみを子供に手渡し、要否を確認してもらいます。不要と判断したプリントは裏が白であれば裏紙として使いますが、両面印刷の場合はその場でビリビリに破ってしまうことでストレス発散をしましょう。

 一度破ればその楽しさに気がつき、他にも破ってもいいプリントはないか? と探し始めるはず! 使い終わったノートや書き込みが終わったドリルなども必要ないと判断すれば破ってもオッケー。(※事前に学校の先生に聞いておくのがベターですね)

 この方法をお伝えしてからというもの、「今まで子供がため込んでいた100点のテストを積極的に手放すようになりました」という声を耳にするようになりました。ぜひ夏休みに父と子でプリントをビリビリ破ってストレス発散してみてはいかがでしょうか。

2.鬼に見つからないように! 片づけかくれんぼ

 次に手をつけたいのがモノの移動です。家に人がいる時間が長くなると、モノを使う回数も増えるので、「出しっぱなし」「買いっぱなし」といった放置状態のモノが増えます。そこで、それらのモノを家の中の本来の定位置に戻す時間を設けたいのです。

 そんなときには、私が考案した「片づけながらかくれんぼ」がオススメです。ルールはたった1つ、「子どもが今いる部屋以外に隠れ、それを鬼が探しに行く」というゲームです。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus