株・投資

バフェットが妻に遺言した投資法とは 筆者が500万円の利益を得た投資信託 (1/2ページ)

 投資信託には、アクティブ運用とインデックス運用の2種類がある。どちらのタイプを選べばいいのか。東証一部上場企業CFOの北村慶さんは「“投資の神様”のウォーレン・バフェットは妻に宛てて書いた遺言書で、インデックス運用を勧めている。それほど市場平均に勝ち続けることは難しい」という--。

 ※本稿は、北村慶『金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論』(朝日新聞出版)の一部を再編集したものです。

 筆者が500万円の利益を得た投資信託とは

 金融庁のホームページには、2021年6月現在、長期の資産形成に向いた投資信託192本(ETFを除く)の一覧が載っています。

 その内訳は、「アクティブ運用」と言われる種類の投資信託が19本、「インデックス運用」に属する投資信託が173本です。

 前者の「アクティブ(積極的)運用」では、市場の平均--国内株式であれば、日経平均やTOPIX(東証株価指数)の値動き--以上の高い運用利回りを目指して、積極的に銘柄選定を行い、株価の先行きが期待できる銘柄に投資します。

 後者の「インデックス運用」は、日経平均やTOPIXといったインデックス(指標)通りの運用を目指します。つまり、市場平均並みの運用成績で良い、という考え方であり、「パッシブ(消極的)運用」とも呼ばれます。

 筆者が13年間投資し6%の利回りと500万円の利益をもたらした「eMAXISバランス(8資産均等型)」はインデックス運用を行う投資信託です。

 また、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は、アクティブ運用とインデックス運用を併用していますが、年々、インデックス運用の比率を高めており、2021年3月末時点では82.7%がインデックス運用です。

 その理由は、運用にかかるコスト・手数料を勘案すると、インデックス運用の方がアクティブ運用よりもパフォーマンス(運用成績)が良いから、です。

 もう少し詳しく見てみましょう。

アクティブ運用は運用手数料が高くなるが…

 「アクティブ運用」では、プロのファンド・マネージャーが、他の運用者に勝ち、市場の平均利回り(インデックス)を上回る運用成績を目指して、積極的な運用を行います。

 従って、「アクティブ運用」では、これらのインデックスに勝ったか負けたかがポイントになり、ファンド・マネージャーたちのボーナスなどの処遇もこのインデックス対比の運用成績で評価されることになります。

 この「アクティブ運用」ですが、高給のアナリストやファンド・マネージャーがさまざまな分析を行い運用するわけですから、当然に運用手数料も高くなります。

 投資家としては、当然にその成果を期待するわけです。

 ところが、実際の運用成績を見てみると、日本では、アクティブ運用を行っている株式投信の大半は、インデックス(TOPIXや日経平均)を下回るリターンしか上げてられていない、という事実が浮かび上がります。

 アメリカでも、約8割のアクティブ型の株式投信のパフォーマンス(運用成績)がS&P500インデックス(米国の主要500銘柄の平均利回りを表す指標)を下回る、との報告もあります。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus