サイトマップ RSS

【軍事情勢】拠点攻撃した日本、放棄したフィリピン 中国の邪心に拍車かけた米軍撤退 (1/5ページ)

2013.8.4 06:03

  • フィリピン・スービック米海軍基地跡、クラーク米空軍基地跡

 そういう言い方もあるのか、と思った。フィリピン外相は4月の記者会見で、開発中の長距離弾道ミサイルなど、米国が警戒する北朝鮮からの脅威について、こう言い放った。

 「米国の防衛を支援する」

 その上、比国内に新たな「米軍基地」を設ける可能性も排除しなかった。7月には比駐米大使が、新基地建設と比米共同使用を協議中だと明言した。外国軍の恒久基地を認めぬ比憲法(1987年制定)の手前、比軍が基地管理を担う苦肉の策だが、事実上の在比米軍基地が復活するか注目される。

 もっとも、外相が心底口に出したかった言葉は「フィリピンの対中国防衛を支援して欲しい」だったはず。素直に言い出せないのは「過去の蛮勇」を、恥じているからに違いない。

 米海軍は92年9月まで、アジア最大のスービック基地を有し第7艦隊が展開。米空軍も在外米軍基地として最大のクラーク基地に91年11月まで、戦闘機部隊を配備していた。

 ところが、米比基地協定(47年締結)の期限切れを控えた91年8月、10年間の期限付きで在比米軍基地存続を認める米比友好協力安全保障条約に両国は調印したにもかかわらず、比上院が批准を拒否した。

米軍撤退は中国の邪心に拍車をかけた

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ