サイトマップ RSS

トヨタは高速道限定 「自動運転車」15年実用化へ (1/3ページ)

2013.10.11 09:17

 トヨタ自動車は10月11日付で、高速道路でドライバーが運転操作をしなくても走行する「自動運転車」を2015年にも実用化すると発表した。人為ミスによる事故の防止が期待できる自動運転車は「究極の安全技術」ともいわれる。ドライバーの負担軽減や渋滞緩和にもつながり、世界の自動車メーカーなどが開発にしのぎを削っている。

 先行車と無線通信

 実用化する自動運転技術は、衛星利用測位システム(GPS)と車に取り付けたセンサーを組み合わせ、高速道路の白線に沿って自動的にハンドルを操作して走行する。カーブで速度が出すぎていると、自動でブレーキをかけ減速する。

 先行車と無線通信をしながら、追従走行できるシステムも搭載。瞬時に先行車の加速や減速に反応し、車間距離の調整やブレーキ操作を行う。無駄にブレーキをかける回数が減り、渋滞緩和の効果も見込める。

開発でしのぎ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ