サイトマップ RSS

【軍事情勢】「いずも」と「出雲」の注目度 (1/5ページ)

2013.11.3 00:17

  • オーストラリア・ダーウィン、第1列島線、第2列島線。※米国防総省などによる

 沖縄県の本島~宮古島間上空で10月末、中国軍機が連日出入りを繰り返した。脅威度は《意図と能力》で決まる。中国軍の《意図》は懸念材料だが《能力》も大いに警戒・監視する必要がある。特に中国人の場合、《能力》は《高さ》だけでなく《低さ》にも注意が不可欠だ。《低さ》は、昭和12(1937)年の第二次上海事変で実証済み。自衛隊のスクランブル=緊急発進で、中国軍機がパニックに陥り、沖縄県民を誤爆する悪夢はゼロとは言い切れない。

 中国軍機が誤爆する悪夢

 中国軍による今次編隊飛行の《意図》は、第一列島線防衛にある。九州~沖縄~台湾を結ぶ第一列島線は、中国軍による台湾侵攻などの際、来援するかもしれない米空母打撃群の進出を食い止める、中国戦略の生命線。《能力》もまた、近代化が急速に進む。ただ、軍用機搭乗者の技量は優劣が混在、不適格者の数は少なくない。

 その点、第二次上海事変における中国国民党空軍と状況が似る。《8月14日》の誤爆に関する経緯や原因は記録や報道により違うが、総合すると-

 《大日本帝國(ていこく)海軍第三艦隊旗艦・巡洋艦『出雲』などを爆撃した中国軍機の内、3機を対空砲火や艦上機で撃墜する。しかし、残りの中国軍機は租界(治外法権を持つ外国人居留地)のホテル2軒と娯楽場などを爆撃。エドウィン・ライシャワー元駐日米大使(1910~1990年)の実兄を含む1200人以上が死傷(死亡説アリ)した》

無傷で国内外から脚光

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ