サイトマップ RSS

【勿忘草】「大人」と「正直」 (1/2ページ)

2013.11.4 12:00

大阪市北区の新阪急ホテル。阪急阪神ホテルズは、ホテル事業の現場に精通した生え抜きの藤本和秀新社長のもとで信頼回復と再生に取り組むが、道は険しい=10月23日午後、大阪市北区(頼光和弘撮影)

大阪市北区の新阪急ホテル。阪急阪神ホテルズは、ホテル事業の現場に精通した生え抜きの藤本和秀新社長のもとで信頼回復と再生に取り組むが、道は険しい=10月23日午後、大阪市北区(頼光和弘撮影)【拡大】

 「ホテルで食事」というと、バブル世代としてはクリスマスイブのカップルを思い出す。何カ月も前から予約が必要で、それだけ特別なことだった。

 人気作家の東野圭吾さんもホテルには思い入れがあったようだ。ホテルを舞台にした小説「マスカレード・ホテル」を発表し、その刊行に寄せたエッセーで、ホテルとは「私にとって非常に大切な空間」と書いている。

 阪急阪神ホテルズ(大阪)でメニュー表記と異なる食材を使っていたとして、社長が辞任する事態になった。

 大阪勤務の経験がある同僚は「大阪の人にとって阪急ブランドは特別だから」と説明してくれた。恋人と2人で、就職祝いなどハレの日には家族で、食事をしに行く場所なのだという。結婚式を挙げた人もいる。そんな人たちが、楽しい思い出に泥を塗られた気分になったのだろう。

 発覚後の会見で、社長が「偽装ではなく誤表示」と強弁したのが失敗だった。おそらく、社長は本当にそう認識していたのだろう。しかし、だからといってそのまましゃべっていいはずがない。少し考えれば分かることだ。案の定、わずか4日後に「偽装と受け取られても仕方ない」と言葉を変え、辞任を表明した。

思ったことを「正直に」言ってしまうのは子供だけ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ