サイトマップ RSS

食材虚偽表示の連鎖あと絶たず オークラ、JAL系ホテルでも  (1/3ページ)

2013.11.8 09:30

 百貨店やホテルのレストランで相次いだ食材虚偽表示があとを絶たない。11月7日には老舗のホテルオークラに加え、大丸松坂屋と東急、松屋、丸井、東武の各デパートで虚偽表示が判明した。これで三越伊勢丹、そごう・西武、高島屋、小田急を合わせた主要デパート9社すべてに拡大した。

 ホテルオークラは7日、全国で運営する13ホテルと関連会社3社のレストランなどで提供した計235品目の使用食材とメニュー表示が異なっていたと発表した。2007年以降、虚偽表示で販売した総数は約38万6000食で、販売額は約8億7000万円に上る。

 ホテルオークラの子会社JALホテルズも7日、運営する13ホテルで食材とメニュー表示が異なっていたと発表。2006年3月以降で販売は約13万食、約2億円相当。2社は「法令の認識が不足し、内部のチェック機能も働いていなかった」と謝罪した。利用が確認できれば返金に応じる。

 両社によると、ホテルJALシティ田町(東京)とホテル日航姫路(兵庫県姫路市)では、ロコ貝をアワビとして提供。フカヒレスープに春雨と湯葉でできた人工フカヒレを混ぜていた。JALホテルズは「安く提供したいと思ったためだが、偽装と言われても仕方ない」としている。

大丸松坂屋9店舗新たに

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ