サイトマップ RSS

「チーム力」でジュニア育成 20年東京五輪へ 萩原智子 (1/4ページ)

2013.11.13 17:30

  • 【笑顔のアスリート学】萩原智子さん。1980年4月13日、山梨県生まれ。身長178センチの大型スイマーとして、2000年シドニー五輪女子200メートル背泳ぎ4位、女子200メートル個人メドレーで8位入賞。02年の日本選手権で史上初の4冠達成。04年にいったん現役引退し、09年に復帰。子宮内膜症、卵巣嚢腫(のうしゅ)の手術を乗り越え、現在は講演、水泳教室やキャスターなどの仕事をこなす=2007年7月17日(提供写真)
  • 中国・天津市(直轄市)
  • 2020年東京五輪の主な会場(計画)=2013年9月8日現在、※東京の「立候補ファイル」などによる

 【笑顔のアスリート学】

 2020年の東京五輪・パラリンピックの開催が決まって以降、スポーツ界全体が盛り上がっている手応えを感じる。7年後の活躍が期待される若手アスリートたちも、メディアなどさまざまなところで取り上げられている。ある世論調査では、7年後に観戦したいスポーツの第1位に、「競泳」が挙げられていた。元競泳選手として、また日本水泳連盟(水連)の理事としてこの上ない喜びだ。

 もちろん、喜んでばかりはいられない。7年後に向け、より一層のレベルアップが期待されていることも事実だ。

 強化現場でも、水連の競泳委員会委員長であり、日本代表チームの監督として指揮をとる上野広治監督を中心に、さまざまな角度からのアプローチが始まっている。

 6年前にスタートした強化プランのひとつに、「エリート小学生研修合宿」がある。全国ジュニアオリンピックカップで活躍した小学生のスイマーを招集し、トップアスリートが集う東京・国立スポーツ科学センター(JISS)で、短期合宿を行うものだ。

エリート合宿卒業生の今井月(るな) 中学1年生

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ