サイトマップ RSS

困難を打開するには立ち向かわないと 映画「タイトロープ アウトサイダーという生き方」 前田日明さんインタビュー (1/3ページ)

2013.11.15 16:30

総合格闘技団体「リングス」CEO、前田日明(まえだ・あきら)さんは「僕は一匹狼ではなく、虎を目指している。一匹狼は群れにいると害になるから追い出されただけでしょう」と語る=10月18日、東京都渋谷区(小野淳一撮影)

総合格闘技団体「リングス」CEO、前田日明(まえだ・あきら)さんは「僕は一匹狼ではなく、虎を目指している。一匹狼は群れにいると害になるから追い出されただけでしょう」と語る=10月18日、東京都渋谷区(小野淳一撮影)【拡大】

  • 【かざすンAR(視聴無料)】映画「タイトロープ_アウトサイダーという生き方」(本田昌広監督)。公開中(トラヴィス提供)

 かつてプロレスラー、プロ総合格闘家として一世を風靡した前田日明(まえだ・あきら、54)は数年前、知人に誘われ、九州の腕自慢がこぞって出場するアマチュアの総合格闘技大会「天下一武道会」を観戦した。腕自慢といえば聞こえがいいが、出場者はけんかっ早い「不良」の若者たちばかり。大会は前田にとって思いがけない出会いの場となった。

 うそ偽りのないものを見たい

 プロの世界で求められるのは実力ばかりではない。選手としてキャラが立ち、華があり、カリスマ性があることも重要な要素となる。「天下一武道会に出場した子供たちは全員、華もカリスマ性もあるんですよ。いわば、みんなが(伝説的な米ヘビー級ボクサー)モハメッド・アリのようでした」

 前田は2008年3月、アマチュア選手による総合格闘技大会「THE OUTSIDER」をプロデュースした。「不良」とされる若者に大会を通して更生の道を準備する一方、優秀な選手についてはメジャーな大会で活躍できるようプロデビューのバックアップに乗り出した。チケットは瞬く間に売り切れ。大手レンタルビデオ店の格闘技コーナーでは、大会の模様をおさめたDVDが貸し出しランキング1位から8位まで独占したこともある。「人はうそ偽りのないむき出しのものが見たいんですよ」。前田は人気の理由を分析してみせた。

若者の更生を真剣に願う

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ