サイトマップ RSS

「ケネディ王子」 政治に関心/JFK孫デビューで全米注目、近く来日 (1/2ページ)

2013.11.23 00:05

 22日は米国のジョン・F・ケネディ元大統領(1917~63年、JFK)がテキサス州ダラスで暗殺されてから50年の節目の日。日本では駐日米大使として1週間前に東京に着任したばかりの元大統領の長女、キャロライン・ケネディ氏(55)が大いに注目されているが、米国では元大統領にとって唯一の男性の孫(ケネディ大使の長男)、ジョン・シュロスバーグさん(20)=通称・ジャック=が“公式デビュー”し、その将来を嘱望する声が高まっている。「ケネディ王朝」のプリンスとも称されるジャックさん。近く、母を追って来日するが、知日派の大物政治家へと育っていく可能性は高い。

頭脳明晰のイケメン

 ジャックさんは、ケネディ大使とデザイナーの父、エドウィン・シュロスバーグ氏(68)の長男として1993年1月にニューヨークで生まれ、ローズさん(25)とタチアナさん(23)の2人の姉がいる。これまでほとんどメディアに露出することがなかったが、祖父の暗殺50周年を機に種々のイベントで引っ張りだこになり、露出が急増している。

 特にそのハンサムな容姿が注目され、叔父(ケネディ大使の弟)で1999年7月に飛行機事故によって38歳で死亡したジョン・ジュニア氏にそっくりだと評判だ。現在、名門エール大学で緊急医療専門の外科医になる勉強をしているが、新聞研究会にも属し、学生新聞に政治経済に関する硬派の記事を多数寄稿、政治への関心も高い。

 昨年9月には米CNNの番組内で、「医師としてのキャリアを追求しつつ、将来は政治にもかかわりたい」と明言している。一方でスタンドアップコメディ(漫談のようなもの)が特技で、性格も親しみやすくさばけていると、周囲の見る目も好意的だ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ