サイトマップ RSS

エッフェルがつなぐEUとの絆 モルドバ・ウンゲニ、ルーマニア・ヤシ (1/4ページ)

2013.11.24 10:00

  • リトアニア・首都ビリニュス
  • モルドバ・ウンゲニ、ルーマニア・ヤシ

 【Viva!ヨーロッパ】

 フランス革命100周年の1889年に、パリのエッフェル塔を建造したギュスターブ・エッフェル(1832~1923年)は、鉄骨の構造をむき出しにしたデザインを好んだとされる。世界中の国々で駅舎や教会、ホテルなどの巨大建造物を設計し、近代建築の発展に大きな貢献をした彼の名がいま、欧州とロシアが勢力圏を争う境界の場所で、脚光を浴びている。

 130年を超す鉄道橋

 1991年、ソ連から独立を果たした国、モルドバ。ソ連時代から国境検問所が置かれた西部ウンゲニに、隣国ルーマニアとをつなぐ鉄道橋がある。両国の境界線となっているドナウ川の支流、プルート川に架かる長さ数百メートルの橋梁(きょうりょう)。むき出しの鉄骨を格子状に組み合わせた白色のこの建造物こそが、エッフェルがパリのシンボルとなった赤色塔より12年前に建造した「エッフェル橋」だった。

疲弊した経済・モルドバ 将来のEU加盟を目指す

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ