サイトマップ RSS

ブッダ生誕「伝説の木」発見 ネパール世界遺産地下から最古の仏教寺院 (1/3ページ)

2013.11.28 00:00

  • ネパール・ルンビニ

 仏教の開祖ブッダ(釈迦(しゃか))の生誕地として世界遺産になっているネパールのルンビニで、国連教育科学機関(ユネスコ)の研究チームが、紀元前550年ごろの木造建築物の遺跡を発掘した。中心部に巨大な木が生えていた痕跡も見つかり、釈迦誕生時の「伝説」と一致。チームは誕生場所に「仏教の聖地」として建立された世界最古の仏教寺院とみており、諸説ある釈迦の誕生時期が通説より200年近く早まる可能性があるという。口頭の伝承しか残されておらず、物的証拠がほとんど見つかっていない謎に満ちた釈迦の生涯を解明する歴史的な発見として注目を集めている。

 「信仰、伝説、考古学、科学が一致する希有(けう)な事例だ。いつ釈迦が生まれ、いつその教えが広まり、信仰として根付いたのか。長く議論されてきた謎を解く手がかりになる」

 研究チームのリーダーである英ダラム大学のロビン・コニンガム教授は、発見の意義をこう強調する。調査はユネスコの世界遺産保存プロジェクトの一環として行われ、日本政府も出資し協力している。25日に3年にわたる調査・研究の成果が、考古学会誌アンティクイティ12月号で発表された。

聖地の連続性示す

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ