サイトマップ RSS

台湾のバランス外交、中国防空圏で苦境 (1/4ページ)

2013.12.6 10:00

  • 日本および周辺国・地域の防空識別圏=2013年11月27日現在
  • 中国政府は2013年11月23日、東シナ海上空に防空識別圏を設定したと発表した。23日午前10時(日本時間午前11時)から施行した。

 【国際情勢分析】

 台湾にとって安全保障上の関係が密接な米国と日本。一方で2008年の馬英九(ば・えいきゅう)政権発足以降、経済を軸に関係を改善してきた中国は貿易総額1位の相手。双方をにらみつつ外交・対中政策のバランスをとってきたが、次第に苦境に立たされつつある。11月には西アフリカ・ガンビア共和国からの断交通告に続き、中国が東シナ海上空で防空識別圏を設定したことで日中関係が一層緊張。尖閣諸島(沖縄県石垣市)に関して独自に領有権を主張してきた台湾だが、「日米、中国大陸双方ともに対立は回避する」(与党・中国国民党幹部)という馬政権は、野党などから対中姿勢で「弱腰」との批判を浴びつつも、慎重な姿勢を堅持している。

 迅速な対話呼びかけ

 12月1日に台北市内で開催された「カイロ宣言70周年」関連行事。馬英九総統(63)は挨拶(あいさつ)の中で中国の防空識別圏設定に触れ、関係各国・方面に対し「東シナ海の緊張情勢を高める行動をとらないよう」と語り、また中国と「迅速に対話を展開するよう」呼びかけた。馬総統が防空圏問題で直接立場を表明したのは初めてだった。

馬英九総統提唱の「東シナ海平和イニシアチブ」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ