サイトマップ RSS

【軍事情勢】特攻が映し出す「自己犠牲」と「赦し」 (1/5ページ)

2013.12.8 00:10

 小説《永遠の0(ゼロ)/百田尚樹著》が映画化され12月21日に全国公開、《沈黙/遠藤周作著》も来年、撮影入りする。片や大日本帝國(ていこく)海軍の《特攻隊員》、片や江戸初期のポルトガル人《司祭》を描いた作品だ。フランス人ジャーナリストのベルナール・ミローは特攻隊員の「自己犠牲」に深い感動を覚えている。《沈黙》における司祭もまた「自己犠牲」の実践者であった。もっとも、殉教するのではない。長崎奉行所は、棄教した信者たちに尚(なお)拷問を続けた。信仰を棄てぬ司祭に棄教させるべく突き付けた地獄絵。司祭は殉教よりつらい棄教を、苦渋のうちに選ぶ。ただ、小欄の心に映る本当の主人公は、司祭を奉行所に売ったキチジローである。良心の呵責(かしゃく)に苛(さいな)まれ、救いを求め、司祭を追う。《沈黙》では、司祭がキチジローに言い聞かせる。

 「強い者より弱い者が苦しまなかったと誰が断言できよう」

 「偉大な純粋性の発露」

 立派に散華(さんげ)した特攻隊員は圧倒的に多い。その眩(まぶ)しさの陰で特攻を躊躇(ためら)った軍人もいる。悶(もだ)え、苦しみ、神か仏か、或(ある)いは戦友なのか自らになのか、「赦し」を請い続けたに違いない。「自己犠牲」を完結させた特攻隊員は英霊となり、なれなかった元特攻隊員の、もっと過酷な闘いは戦後に始まった。

偉大な純粋性の発露。日本国民はあえて実行した

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ