サイトマップ RSS

Beatles 秘蔵曲で著作権延命 1963年録音の59曲リリース (2/2ページ)

2013.12.15 00:01

 デビュー曲権利切れ

 EU理事会は2011年9月に、音楽録音物に関する演奏者とレコード製作者の著作権保護期間を、既発表であることを条件に現行の50年から70年(米国では95年)に延長する新法を可決した。理由は「演奏家はたいてい若いころから活動しており、50年では生涯にわたる保護を与えられないことが多い」というもので、今年から発効した。この法律は英国では、制定を強く働きかけた英歌手、クリフ・リチャードさん(73)にちなみ、「クリフ法」とも呼ばれている。

 ビートルズが1962年10月に発表したデビューシングル「ラヴ・ミー・ドゥ」(B面は「P.S.アイ・ラヴ・ユー」)は昨年でリリースから50年がたち、新法の発効前だったため、著作権が切れ、EU圏では誰でも自由にコピー、再利用できる状態になっている。63年に発表された「プリーズ・プリーズ・ミー」は新法に基づき、自動的に2033年まで著作権が保護されるが、この年に録音された未発表の音源は、今年中に発表されない限り、著作権は延長されない状態になっていた。

 新法は1960年代前半にデビューしたアーティストたちの音源に影響を及ぼしており、62年にレコードデビューしたボブ・ディランさん(72)も昨年12月、未発表音源86曲からなるボックスセットを超限定で販売した。

 これから数年は毎年、ビートルズなど歴史的アーティストのレアな未発表音源の“蔵出し”が続くのかもしれない。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ