サイトマップ RSS

【軍事情勢】韓国は対日ストーカー国家? (1/5ページ)

2013.12.15 00:07

 軍の装備は、自国の置かれた安全保障環境や財政状況で決まる。だのに「韓国軍は自衛隊を観(み)て決める」と、8月11日付小欄《韓国軍が欲しがる自衛隊のガム》で指摘した。しかし、韓国人ながら米諜報機関員となった知人が「子供のようにガムを欲しがる」と嘆く対象は、軍だけではなかった。ここまで日本が強烈に意識されると、国家挙げてストーカー行為をされているようで、怖い。

 哀しいまでの過剰意識

 韓国国会内の一室で11月末、与党セヌリ党の執行部幹部や中堅議員から怒号が飛び交った。議題は、韓国政府が突如「事実上」の導入を決めた、米ロッキード・マーチン社が中心となり開発中のステルス戦闘機F-35A。12月中の正式決定を前に、なぜ「事実上」の決定だったのか。もしかして、ロッキード社は日本に感謝する!?

 韓国防衛事業庁は、想定していた競争入札基準額8兆3000億ウォン(約8100億円)をロッキード社が超えたとして8月、F-35Aを選定より除外。従って、ユーロファイターやF-15SEなど、他社の戦闘機に競争入札対象が絞られたと観られていた。ところが9月に入り、防衛事業庁はF-15SE採用を取り止め、入札を白紙に戻した。

日本に比べると導入条件が非常に不利

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ