サイトマップ RSS

「オリンピックに出る!」強い気持ちが必要 萩原智子 (3/5ページ)

2013.12.18 17:30

1998年に首都バンコクで行われたアジア大会の200メートル背泳ぎで金メダルを獲得した萩原智子選手(左)と中村真衣選手=1998年12月12日、タイ(ロイター)

1998年に首都バンコクで行われたアジア大会の200メートル背泳ぎで金メダルを獲得した萩原智子選手(左)と中村真衣選手=1998年12月12日、タイ(ロイター)【拡大】

  • 【笑顔のアスリート学】萩原智子さん。1980年4月13日、山梨県生まれ。身長178センチの大型スイマーとして、2000年シドニー五輪女子200メートル背泳ぎ4位、女子200メートル個人メドレーで8位入賞。02年の日本選手権で史上初の4冠達成。04年にいったん現役引退し、09年に復帰。子宮内膜症、卵巣嚢腫(のうしゅ)の手術を乗り越え、現在は講演、水泳教室やキャスターなどの仕事をこなす=2007年7月17日(提供写真)

 夢への道のりは、自分自身との戦いでもある。人に勝つことよりも、自分自身に打ち勝つことの方が、よほど難しい。克己心が大切になるのだと、母、そして水泳から教わった。

 中村真衣さんの言葉

 ライバルとの出会いも私を成長させてくれた。高校3年生になった私には、ライバルと呼ばれる先輩選手が3人いた。代表選考会で2位までに入らないと日本代表に選出されない時代に、私はいつも3位か4位。山梨県の地元紙には、「萩原、また3位」と書かれたほど、なかなか勝てなかった。

 そんな時、背泳ぎの第一人者だった当時の日本記録保持者で、のちに2000年シドニー五輪女子100メートル銀メダリストとなる中村真衣さんと同じ強化合宿に参加することになった。

 「これはチャンス」とばかりに、中村さんの練習や食事をまねして、何か吸収して帰ろうとたくらんでいた。しかし合宿最終日まで、何が中村さんと違うのかが分からず、思い切ってストレートに質問をした。

強い気持ちが必要なのだ ライバルの先輩「本気で私たちに勝ちたいと思って練習してるの」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ