サイトマップ RSS

「オリンピックに出る!」強い気持ちが必要 萩原智子 (4/5ページ)

2013.12.18 17:30

1998年に首都バンコクで行われたアジア大会の200メートル背泳ぎで金メダルを獲得した萩原智子選手(左)と中村真衣選手=1998年12月12日、タイ(ロイター)

1998年に首都バンコクで行われたアジア大会の200メートル背泳ぎで金メダルを獲得した萩原智子選手(左)と中村真衣選手=1998年12月12日、タイ(ロイター)【拡大】

  • 【笑顔のアスリート学】萩原智子さん。1980年4月13日、山梨県生まれ。身長178センチの大型スイマーとして、2000年シドニー五輪女子200メートル背泳ぎ4位、女子200メートル個人メドレーで8位入賞。02年の日本選手権で史上初の4冠達成。04年にいったん現役引退し、09年に復帰。子宮内膜症、卵巣嚢腫(のうしゅ)の手術を乗り越え、現在は講演、水泳教室やキャスターなどの仕事をこなす=2007年7月17日(提供写真)

 「真衣さん、私は、なぜ先輩たちに勝てないのですか」。笑われるか、怒られるかのどちらかだろうと腹をくくって聞いたのだが、真衣さんは真剣な表情でこう話してくれた。

 「ハギトモは、本気で私たちに勝ちたいと思って練習してるの」。言葉の意味はすぐには分からなかった。しかし、地元へ帰る電車の中で、分かったことがひとつあった。「先輩に勝ちたいな」「オリンピックに出たいな」という気持ちでは、目標は達成できないということだ。目標を達成するためには、「先輩に勝つ!」「オリンピックに出る!」という強い気持ちが必要なのだと。

 「だったらいいな…」という希望ではなく、必要なのは「やる!」という覚悟と実行力だ。中村さんはそのことを教えてくれたのだ。

 それ以降の私は与えられた練習をするのではなく、指導者と話し合って、積極的に練習に取り組めるようになった。

「覚悟を決めてチャレンジ」 自分の強さや弱さと向き合う時間も増える

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ