サイトマップ RSS

いながらに全国の味 食べ歩き うどんミュージアム (1/4ページ)

2013.12.22 11:15

京都の懐石と各地のうどん料理が味わえるうどん懐石

京都の懐石と各地のうどん料理が味わえるうどん懐石【拡大】

  • ひもかわ生うどんの刺身
  • 淡路島のワカメを練り込んだ、磯の風味あふれるわかめうどん
  • お店で人気ナンバーワンを誇る和歌山の梅うどん
  • 岡山県の倉敷ぶっかけうどん。ほかのぶっかけに比べ濃い味が特徴
  • 栃木県でお正月に食されるという耳うどん
  • 群馬県の郷土料理を代表するひもかわうどん。めんのコシとモチモチした食感が絶妙ののどごしを生む
  • 京都の古民家を改装した客間=2013年12月11日、京都市東山区
  • お店のイメージキャラクター「うどんくん」=2013年12月11日、京都市東山区(恵守乾撮影)
  • 全国の「ご当地うどん」が短時間で学べるパネル=2013年12月11日、京都市東山区(恵守乾撮影)

 【京都うまいものめぐり】

 日本の食文化の歴史を刻む京都で、全国各地のうどんを食べ比べできる「うどんミュージアム」が観光客らを中心に人気を集めている。ラーメンなどに比べると「ご当地性」が高いうどん料理に着目した異業種の経営者らが一般財団法人を設立。昨年(2012年)12月22日に京都市中心部にオープンして丸1年が経過した。店のイメージキャラクター「うどんくん」も徐々に知名度を高めており、関係者は「うどんを世界の食に広めたい」と意気揚々だ。

 舌で厳選した三十数種類

 歌舞伎の見物客でにぎわう京都南座にほど近い祇園の京町家を改装し、オープンさせた「うどんミュージアム」。館内に入ると、全国の45種類以上の代表的なうどんの歴史や食べ方、具材、だし汁などを展示紹介する日本地図を模した巨大なパネルが目に飛び込んでくる。なかなか斬新な演出だ。

 しかし客間は一転、中央に中庭を配した古風な造りで、各部屋から四季の移ろいを楽しみながら、落ち着いて食事ができるよう工夫している。そうした取り組みが奏功したようで、1カ月の来館者は目標を上回る5000~6000人にものぼるという。

定番から変わり種、さまざま

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ