サイトマップ RSS

イスラエル シャロン元首相が危篤

2014.1.4 12:40

イスラエル・首都エルサレム

イスラエル・首都エルサレム【拡大】

 2006年に脳出血で倒れ約8年間、意識不明の状態が続いているイスラエルのアリエル・シャロン元首相(85)の容体が非常に悪化し危篤状態にあるかと、病院当局者が1月2日明らかにした。

 AFP(フランス通信)によると、当局者は「生存に不可欠な重要器官の機能が徐々に低下している様子がうかがえる」と述べた。対パレスチナ強硬派として知られたシャロン氏は、首相在任中の06年1月に緊急入院した。(SANKEI EXPRESS


産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ