サイトマップ RSS

建設業界、外国人雇用を積極化 人手不足・五輪需要で新たな動き (2/3ページ)

2014.1.5 08:30

 日本語や数学の授業もあり、約4カ月間訓練し、日本に技能実習生として送り込んでいる。向井建設の向井●(=矢の大が母、右に攵)雄会長は「きちんと訓練を受けた実習生はゼネコンも安心して採用してくれる」と語る。

 向井建設が訓練した実習生は、大手ゼネコンが東京・銀座で手掛ける13階建ての商業ビルの建設工事に参加する。帰国後は、現場の作業員の指導や監督をする立場になる予定だ。

 実習生を受け入れる場合、企業は給料や渡航費などを含めた実習費や宿泊費の一部を負担する。建設関連団体によると、実習費は1人当たり3年間で700万円余りとされる。

 政府内に強い慎重論

 法務省によると、01年度から12年度までに建設分野の技能実習を申請した外国人は累計4万2557人。繊維業や機械・金属業が12年度に受け入れた技能実習生は、それぞれ1万人を超えたが、建設業では4500人程度にとどまった。

 ベトナムと日本政府は13年3月、建設分野の人材育成で協力することを申し合わせた。国土交通省は、外国人実習生の受け入れ拡大が決まれば、「ベトナムから多くの若者が実習に来るだろう」とみている。

外国人技能実習制度とは

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ