サイトマップ RSS

フィリピン台風2カ月 祖国に「希望」育む支援の手 (1/4ページ)

2014.1.7 11:50

  • 台風30号のコース=2013年11月8日、フィリピン・レイテ島の中心都市タクロバン
  • フィリピン・レイテ島タクロバン
  • フィリピン・レイテ島タクロバン
  • ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)__キリスト教精神に基づいて開発援助、緊急人道支援、アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行う国際NGO。子供たちとその家族、そして彼らが暮らす地域社会とともに、貧困と不公正を克服する活動を行っている。http://www.worldvision.jp/

 2013年11月8日、観測史上まれに見る超大型台風がフィリピンを襲った。最大瞬間風速100メートル超にも及ぶ台風30号(通称ハイエン)は、死者6000人以上、行方不明者約2000人という甚大な被害をもたらした。7000以上の美しい島々からなるフィリピン。台風の直撃を受けた中部の島々では、強風と高潮の影響で多くの家が流され、住む家はおろかコミュニティー全体が洗い流されてしまったところも少なくない。「この国で生まれ育った私にとって台風は慣れっこのはずでしたが、ハイエンのような恐ろしい台風は初めてだった」と、エリザベスは語り始めた。

 惨状を目の当たりにして

 「被害発生直後、私は緊急対応チームの一員として、被害が最も大きいとされたレイテ島に向かいました。ワールド・ビジョンが活動する地域に住む子供たちの無事を確認するためです。しかし、その行程は予想以上に厳しく、レイテ島に到着するまでに丸二日を要しました。

 ようやくレイテ島に着いた私は、とてつもなく破壊された状況に茫然(ぼうぜん)となりました。住む家をなくした人々、行くあてもなくさまよう子供たちの姿を目の当たりにして、私の心はちくちくと痛み、自分の無力さを痛感しました。家も学校も破壊されてしまったため、子供たちは学校に行けないかもしれません。

8万世帯40万人への支援物資の配布を目標に活動

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ