サイトマップ RSS

インテル、動き模写する3Dカメラ開発 ウエアラブル端末のさらに先へ (1/4ページ)

2014.1.8 09:12

米ネバダ州ラスベガス

米ネバダ州ラスベガス【拡大】

 半導体世界最大手の米インテルは1月6日、ノート型パソコンやタブレット端末に取り付ける最新型の3D(3次元)対応カメラを開発したと発表した。

 今年後半には米デルや日本のNECなど計7社がこのカメラを搭載した製品を発売するが、これらの製品は人間の体や指先の動きを3D対応カメラが捉(とら)えて画面上で立体模写し、手や指を動かすことでパソコンの操作やゲームができるという。

 眼鏡や時計など体に装着する「ウエアラブル端末」が主流になるといわれるなか、インテルの新技術はウエアラブル端末のさらに先を行くものとして注目されそうだ。

 「われわれは3D(の技術)が自由に使えるのに、なぜコンピューターに2D(の技術)を使う必要があるのだ?」

 インテルの上席副社長兼知覚コンピューティング・グループの総責任者、モリー・エデン氏は、米ラスベガスで開催中の国際展示会「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」でこう呼びかけ、最新型3D対応カメラを用いた「リアルセンス技術」を実演した。

SF映画の世界を凌駕する機能を誇る

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ