サイトマップ RSS

座禅でリフレッシュ いったん立ち止まり心をリセット 自宅でもできる基本動作 (1/4ページ)

2014.1.17 15:50

「夜座禅」には会社帰りの人たちが参加する。初めての人も多い=2013年12月4日、世田谷区の東京禅センター(大山実撮影)

「夜座禅」には会社帰りの人たちが参加する。初めての人も多い=2013年12月4日、世田谷区の東京禅センター(大山実撮影)【拡大】

  • (座禅の基本動作1)座布団を2枚用意する。1枚は半分に折って、もう1枚の上にのせる。半分に折った座布団の上にお尻を半分乗せて座ると、体が安定する。
  • (座禅の基本動作2-1)足を組む。初心者向きがこの「半跏趺坐(はんかふざ)」。片方だけを腿の上にのせる。もう片方の足を膝の下の敷くと、地面との接点ができ体が安定する(大山実撮影)
  • (座禅の基本動作2-2)体の柔らかい人はこちらを。両方の足を腿の上にのせる「結跏趺坐(けっかふざ)」(大山実撮影)
  • (座禅の基本動作3-1)手を組む。組み方は2種類。こちらの「法界定印」は釈迦にならった組み方。右手の上に左手をのせ、親指同士を軽く合わせる(大山実撮影)
  • (座禅の基本動作3-2)こちらは「結び手」。「白隠流(はくいんりゅう)」とも呼ばれる。左手の親指を右手で握り、余った左手の指を右手にかぶせる(大山実撮影)
  • (座禅の基本動作4)体を大きく左右に何度か揺らし、体が安定する位置を探す(揺身)。左右が決まったら、次は前後に揺らす(大山実撮影)
  • (座禅の基本動作5-1)位置が決まったら、肩の力を抜いてリラックスする(大山実撮影)
  • (座禅の基本動作5-2)横から見たところ。腰を起こし、背筋を伸ばして、頭を天井から糸にひっぱられるイメージで姿勢を正す。顎は上がりすぎないように(大山実撮影)
  • (座禅の基本動作6)目は閉じずに、まぶたから力を抜いて1メートルほど前方に視線を落とす(半眼)。呼吸は鼻でゆっくりと複式呼吸する(大山実撮影)
  • (座禅の基本動作【お手本】)日常生活で取り入れやすいのは「椅子座禅」。膝の角度は直角で、足は肩幅ぐらいに開く。足の裏をきっちりと床に付ける。背筋を伸ばす。手を組んで、呼吸を意識する(大山実撮影)
  • (座禅の基本動作【悪い例】)背中が丸まり、足が浮いてしまっている(大山実撮影)
  • 東京禅センターでは、北青山のカフェダイニングを借りて「ZEN_Cafe」も開催している=2013年3月30日、東京都港区(提供写真)
  • 座禅会のインフォメーションカード。若者を意識したデザイン(東京禅センター提供)

 仕事にプライベートとストレスの多い現代社会。自らの心と体を整える手段として、「坐禅」が静かな注目を集めつつある。「坐禅」というと厳しくつらいイメージがあるかもしれないが、本来は心の安定を得るためのもの。初心者向けの坐禅体験講座を開催している「東京禅センター」(東京都世田谷区)で、その魅力とやり方を教えてもらった。いつでもどこでも取り入れられる「坐禅」で、今年一年をスッキリと乗り越えよう。

 東京禅センターは、臨済宗妙心寺派が首都圏に禅を紹介するための拠点として2005年に設立された。現在は昼間に行われる坐禅体験のほか、社会人でも通いやすい「夜の坐禅体験」や、カフェダイニングを貸し切っておしゃれな雰囲気で坐禅を楽しむ「ZEN Cafe」など、さまざまな体験会を開催している。

 1日1回5分でOK

 「お寺ではちょっと敷居が高い…という人に、気軽に坐禅を体験してほしい。禅宗ではあまり坐禅の方法を口で説明しないのですが、ここでは丁寧すぎるほど丁寧に説明しますので、坐禅の基本的な動作を覚えるにはもってこいの場所だと思います」と話すのは、禅センター部員の澤秀道さん(35)。ここ1年ほどで20~30代の若年層を中心に、関心が高まっているのを実感しているという。

禅の魅力 「心をリセットして再出発」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ