サイトマップ RSS

【中野友加里のスケーターたちの素顔】真央ちゃんは「努力を重ねた天才」 (4/5ページ)

2014.1.22 16:30

  • 2014年ソチ冬季五輪会場。競技は、ロシア・ソチの市街地から約40キロ南東にある黒海沿岸の「アドレル」と、アドレルから約45キロ離れた山岳地域の会場「クラースナヤ・パリャーナ」の2カ所で実施。(C)Google
  • 元フィギュアスケート選手で、フジテレビ職員の中野友加里(ゆかり)さん=2010年9月18日(本人提供)

 実際に真央ちゃんのトリプルアクセルを見ていると、以前よりも踏み込みであまり力まなくなったように見えます。スピードがないと高く上がるために強く踏み込まなければならず、大きな力を加えなければなりませんが、今の真央ちゃんは助走にスピードがあるので、流れの中で跳べていると感じます。

 こうした過程は言葉で説明するほど、簡単な作業ではありません。実際、佐藤コーチの指導を受け始めてから、真央ちゃんも3年近い年月をかけて現在のレベルまで到達したわけです。

 特にトリプルアクセルは、私もスランプに苦しんだ経験があるので、跳べないつらさはよくわかります。跳びたくても跳べなかったり、思うように体の軸が回ってくれなかったり、佐藤コーチから跳ぶことを止められたことも一度や二度ではなかったでしょう。

「真央ちゃんは天才の上に、努力を重ねたスケーター」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ