サイトマップ RSS

北朝鮮、国境で親中派狩り 正恩氏「無慈悲に進めよ」 (1/4ページ)

2014.1.27 10:30

北朝鮮・咸鏡北道(ハムギョンプクド)、両江道(リャンガンド)、慈江道(チャガンド)

北朝鮮・咸鏡北道(ハムギョンプクド)、両江道(リャンガンド)、慈江道(チャガンド)【拡大】

 北朝鮮の朝鮮人民軍が中朝国境で警戒態勢を強め、処刑された張成沢(チャン・ソンテク)氏に代表される親中派の摘発に乗り出したもようだ。平壌のほか、国境都市でも「中国の犬狩り」と称した摘発が進み、3000人以上が追放されたという。一方、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が「戦線を一本化せよ」と指示したともされ、米韓軍との対峙(たいじ)と同時に国内の「敵」摘発と対中警戒という“両面作戦”を迫られることへの焦りをのぞかせている。

 秘密警察内の隠語

 中朝関係者らによると、昨年(2013年)12月の張氏処刑以降、首都平壌地域に加え、軍の査察部隊や秘密警察が中朝国境の街、恵山(ヘサン)や茂山(ムサン)、経済特区の羅先(ラソン)に派遣され、貿易業者や中国人向けのホテル・カジノ従業員、脱北者の家族らが逮捕・拘束されたほか、計3000人以上が山間部に追放されたという。

 背景に「中国の犬狩りを無慈悲に進めよ」という金第1書記名の指示があったとされる。「中国の犬」とは、金正日(キム・ジョンイル)時代から秘密警察内で使われてきた中国への内通者を指す隠語だ。

反中勢力への牽制 中国、瀋陽軍区の部隊約10万人と戦車数千台を投入

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ