サイトマップ RSS

新型万能細胞「STAP」 簡単で安全 常識を覆す新手法 (1/5ページ)

2014.1.30 07:45

新たな手法で作られた万能細胞「刺激惹起(じゃっき)性多機能細胞(STAP(スタップ)細胞)」作製のイメージ=2014年1月30日発表

新たな手法で作られた万能細胞「刺激惹起(じゃっき)性多機能細胞(STAP(スタップ)細胞)」作製のイメージ=2014年1月30日発表【拡大】

  • 新たな手法で作られた万能細胞「刺激惹起(じゃっき)性多機能細胞(STAP(スタップ)細胞)」とiPS細胞(人工多能性幹細胞)の違い=2014年1月30日発表

 理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)のチームが発表したSTAP(スタップ)細胞は、成熟した体の細胞を、いとも簡単に受精卵のような状態にまで巻き戻すことができることを示した画期的な成果だ。論文の審査も念入りに行われた。人の細胞を使った研究も進み、今後の生物学に大きな影響を与えそうだ。

 「染色体に異常なし」

 「すごいです。猛烈に簡単な方法で、今までの万能細胞を超え得る質の高い細胞ができてしまった」。宮崎大の本多新准教授(幹細胞生物学)は驚く。

 けがや病気で失われた体の器官や組織を復活させようという再生医療の研究者は、万能細胞に大きな期待をかけてきた。ほとんど何にでも分化できる能力を利用して、欠損を補うことができると考えたからだ。

 最初に発見された胚性幹細胞(ES細胞)は、命のもとともいえる受精卵を犠牲にする必要があり、倫理的に問題とする声もあった。京都大の山中伸弥教授が開発した人工多能性幹細胞(iPS細胞)は受精卵を使わない利点があるものの、細胞の中に遺伝子を運び込む作製方法に関して安全性をどう確保するかが課題として残っている。

STAP細胞 当初「そんなこと、あるんかいな」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ