サイトマップ RSS

いとおしく、もどかしい「相棒」 犬 乾ルカ (1/5ページ)

2014.2.2 16:30

日本三大がっかり観光地の一つ、時計台。ちなみに後ろのビルは、札幌市役所です=2014年1月21日、北海道・札幌市(乾ルカさん撮影)

日本三大がっかり観光地の一つ、時計台。ちなみに後ろのビルは、札幌市役所です=2014年1月21日、北海道・札幌市(乾ルカさん撮影)【拡大】

  • ジャーキーを前にすれば他のすべてがすっ飛ぶ乾家の愛犬、まるがお気に入りの札幌の風景をご案内します。トリミングから帰ってきて爆睡中…=2014年1月25日、北海道・札幌市(乾ルカさん撮影)
  • 「パーフェクト・ブルー」(宮部みゆき著/創元推理文庫、680円、提供写真)
  • 「ぼくの名はチェット」(スペンサー・クイン著、古草秀子訳/東京創元社、1785円、提供写真)
  • 【本の話をしよう】作家、乾ルカさん=2月15日(提供写真)

 【本の話をしよう】

 私は犬が好きです。子供のころ、日曜日の朝八時に放映されていた『名犬ラッシー』(よく知られている、飼い主の元へ帰るために長い旅をするという話ではなく、森林警備隊員と活躍するコリー犬という設定でした)を見て育ちました。それだけに、犬が登場する本はとりわけ思い入れを持って手に取ります。

 なに考えているの

 犬が出てくるミステリー小説となると、日本では『パーフェクト・ブルー』(宮部みゆき)の語り手マサが広く知られていると思います。ドラマにもなりました。

 海外ミステリーではどうでしょうか。

 個人的にここでお話ししたいのは、名犬チェットと探偵バーニーシリーズです。シリーズ第一作は『ぼくの名はチェット』(スペンサー・クイン)。チェットは残念ながら警察犬訓練所を優秀な成績で卒業しそこなった、でも陽気でかしこい犬。このシリーズでは、やはり犬のチェットの視点で、私立探偵バーニーの元に持ちこまれる案件の謎と真相までが語られます。

集中できなくても自然

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ