サイトマップ RSS

マンデラ氏 遺産4億円を分配 同志の元夫人「ゼロ」、遺言の真意は… (1/3ページ)

2014.2.5 09:30

  • 南アフリカ・ヨハネスブルク

 南アフリカのアパルトヘイト(人種隔離)撤廃闘争を主導し、昨年(2013年)12月5日に95歳で死去したネルソン・マンデラ元南ア大統領の遺言状の内容が2月3日公表され、4600万ランド(約4億2000万円)に上る遺産の分配先が明らかにされた。注目されたのは、旧白人政権の弾圧でマンデラ氏が27年半に及ぶ刑務所生活を強いられていた間、最前線に立って夫の政治活動を支え、離婚後も強い絆で結ばれていた2番目の妻、ウィニーさん(77)が相続人に含まれていなかったことだ。マンデラ氏の真意はどこにあるのか。

 離婚も最期まで世話

 遺言状は執行者の司法副長官がヨハネスブルクで記者会見して明らかにした。マンデラ氏の遺産はヨハネスブルクの自宅や故郷である東ケープ州の邸宅など複数の不動産をはじめ、自著の印税やその他の著作権使用料など。遺言状によると、全体の半分は現在の3番目の妻、グラサ・マシェルさん(68)に相続権があり、残り半分を約30人の他の遺族や元個人秘書らスタッフ、学校、マンデラ氏が議長を務めた与党、アフリカ民族会議(ANC)で分割する。フランス通信(AFP)などが伝えた。

マシェルさん 院中のマンデラ氏を毎日見舞うなど、死の直前まで存在感を発揮

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ