サイトマップ RSS

織田選手が見せた本物の強さ 萩原智子 (1/4ページ)

2014.2.5 17:20

全日本選手権のエキシビション後に引退を表明した織田信成(のぶなり)選手(手前)を、高橋大輔選手(左から2人目)らライバルたちが拍手で送り出した=2013年12月24日、埼玉県さいたま市中央区・さいたまスーパーアリーナ(大里直也撮影)

全日本選手権のエキシビション後に引退を表明した織田信成(のぶなり)選手(手前)を、高橋大輔選手(左から2人目)らライバルたちが拍手で送り出した=2013年12月24日、埼玉県さいたま市中央区・さいたまスーパーアリーナ(大里直也撮影)【拡大】

  • 【笑顔のアスリート学】萩原智子さん。1980年4月13日、山梨県生まれ。身長178センチの大型スイマーとして、2000年シドニー五輪女子200メートル背泳ぎ4位、女子200メートル個人メドレーで8位入賞。02年の日本選手権で史上初の4冠達成。04年にいったん現役引退し、09年に復帰。子宮内膜症、卵巣嚢腫(のうしゅ)の手術を乗り越え、現在は講演、水泳教室やキャスターなどの仕事をこなす=2007年7月17日(提供写真)

 【笑顔のアスリート学】

 2月7日からソチ五輪が開幕する。日本から出場する「日の丸」を背負った選手たちの躍動が楽しみだ。特に、開幕前日の6日から団体戦が行われるフィギュアスケートは、浅田真央選手(中京大)や高橋大輔選手(関大大学院)をはじめ、男女共にレベルが高く、日本代表になることすら大変な種目だ。

 昨年(2013年)末にさいたま市のさいたまスーパーアリーナで行われた日本代表最終選考会を兼ねた全日本選手権に足を運んだ。フィギュアは人気も高く、会場は満員の観客で埋まっていた。しかも、選手たちの緊張感が観客席まで伝わるくらい、会場の空気は張りつめていた。私自身、その緊張感に心が震えた。

 4年に一度の五輪。選手一人一人にとって、五輪は子供の頃からの夢舞台だ。そして、私自身も経験があるが、この4年に一度の瞬間に、体調とメンタルの両方をベストに合わせることはとても大変なことだ。

 選手は、ロボットでも、マシンでもない。血が通い、心のある生身の人間だ。それだけに、いつもベストコンディションで実力を発揮できるわけではない。良いときもあれば、当然、悪いときもある。トップレベルへ登り詰めるほど、日々の体調の違いや感覚の違いに悩まされる。そのリズムの波長を4年に一度の五輪イヤーにピタリと合わせることは、どんな選手でも至難の業である。

大粒の涙 絶望の中、仲間にエール「大ちゃん、ガンバ~!」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ