サイトマップ RSS

日本の家の「いさぎよさ」が息づいている 幸田文が今日の女たちに伝えたかった秘密 松岡正剛 (1/4ページ)

2014.2.12 20:25

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)【拡大】

  • 【BOOKWARE_松岡正剛】BOOK_MEETS_BOOK

 【BOOKWARE】

 文(あや)さんの父君は幸田露伴である。生活の術と芸術の目をとことん躾(しつけ)られた。祝い事ができないでどうする、片付けは見かけのためじゃない、台所仕事は音がやさしくなくちゃいけない、雑用が創造を生むんだ、始末をつけるのが人というもんだ…。その他あれこれ、いろんなことをつねに仕込まれた。それというのも5歳で母を、8歳で姉を、22歳で弟を亡くしたからだ。24歳で酒屋の三男と結婚したのだが、ばかばかしくて離婚、露伴に学びながら一人娘の玉を育てた。

 そんな事情もあって、露伴は文さんの3軒ほど先に住んで、ちょくちょく覗きに来てはちょっかいを出していた。父と娘のあいだでどんなやりとりがおこっていたのかは、名文『父・こんなこと』や『月の塵』や『季節のかたみ』に詳しい。なかで「月の塵」には、文さんが幼い娘とお供えものをしながら月見をしていたら、そこへ露伴がやってきて孫と遊んだのち、「人を厭うも人も恋うも、何年つづくものかねえ」とポツンと言ったのがたいへん印象的だったということが書いてある。月にはそういう人の世の塵がいっぱいたまっているんじゃないかという感想だ。文さんの随筆はどれを読んでも身に染みるものだが、これもそういうひとつだった。

父の最期を綴るにはもっと淡々たる言葉づかいが必要

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ