サイトマップ RSS

時の流れのままに…主人公そのもの? 舞台「サニーサイドアップ」 荒川良々さんインタビュー (1/3ページ)

2014.2.17 16:00

 荒川良々(よしよし、40)は身長183センチの九州男児。テレビ出演するようになってもしばらくは「俳優やってるなんて、恥ずかしくて言えなかったから」と、親にはエキストラのバイトをしていると微妙な嘘をついていたほど、照れ屋のようだ。

 昨年(2013年)、「副駅長の吉田」役でNHK連続テレビ小説「あまちゃん」軍団の一角を飾ったが、「ああ、まあ、そうですね、普通に、おばさんや子供に町で副駅長と呼ばれるようになって…ああどうも、みたいな。都合1年近くかかわった長い仕事でしたからね…」。ぽつり、ぽつりと感想を語る横顔に、素朴な人柄がにじんだ。

 身の上話から着想

 そんな荒川が主演の舞台「サニーサイドアップ」(作・演出、ノゾエ征爾)が2月21日から本多劇場(東京)で上演される。

 劇作家で演出家、俳優でもあるノゾエとは、2回ほど舞台で共演。飲み仲間でもある。「ある時、一緒にお酒を飲んだんです。そのときに子供のころの話を聞かれまして…」

 その話を着想の一端にし、岸田國士(くにお)戯曲賞受賞作家ノゾエが書き下ろしたのは「40歳、俳優、九州出身」と荒川と履歴が重なり、名前も似ている、嵐山鯛(通称、たいくん)を主人公にした物語。荒川が演じる役だ。

座右の銘は一生懸命

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ