サイトマップ RSS

【ジャンプ】竹内 難病に耐え「夢」つかんだ (1/4ページ)

2014.2.19 06:40

ジャンプ男子団体で銅メダルを決め、涙をぬぐう葛西紀明(右)。左は難病を抱えて出場した竹内択(たく)=2014年2月17日、ロシア・ソチ(古厩正樹撮影)

ジャンプ男子団体で銅メダルを決め、涙をぬぐう葛西紀明(右)。左は難病を抱えて出場した竹内択(たく)=2014年2月17日、ロシア・ソチ(古厩正樹撮影)【拡大】

  • ジャンプ団体。2本目のジャンプを終え、声援に応える清水礼留飛(れるひ)=2014年2月17日、ロシア・ソチ(大里直也撮影)
  • 2014年ソチ冬季五輪会場。競技は、ロシア・ソチの市街地から約40キロ南東にある黒海沿岸の「アドレル」と、アドレルから約45キロ離れた山岳地域の会場「クラースナヤ・パリャーナ」の2カ所で実施。(C)Google
  • ロシア・ソチ市と、クラスノダール地方
  • ソチ五輪(冬季)=2014年2月6日~2月23日、ロシア・ソチ

 日本が銅メダルを獲得したノルディックスキー・ジャンプ男子団体に、2番手として臨んだ竹内択(たく、26)は2月17日、試合後の記者会見で、難病の「チャーグ・ストラウス症候群」の疑いが高いと告白した。1月に約2週間、入院を余儀なくされたが、必死に体力を戻し、ソチで飛んだ。「同じ病気で苦しんでいる人に諦めないで頑張れば、念じていればメダルが取れるということを伝えたかった」と、涙ながらにメッセージを送った。

 「もしかして死んでしまうんじゃないか…」。1月上旬、竹内は医師からチャーグ・ストラウス症候群に罹患(りかん)している可能性が8割だと言い渡された。

 体調の異変に気づいたのは年末年始のジャンプ週間だ。風邪をこじらせ、風呂で手を挙げるだけでも疲労感を覚えるようになり、39度の熱が出た。帰国後、すぐ診察を受けると入院が決まった。チャーグ・ストラウス症候群は120万人に1人がかかるといわれる血管の病気で、激しいせきや、関節や筋肉の痛みなどの症状が出る。

 入院中、それでも子供のころからの夢である「五輪のメダル」は諦められなかった。ベッドで腹筋と背筋を繰り返し、エアロバイクを買って病室に持ち込み汗を流した。

「お前ならできる」 父、竹内亨さんの言葉後押し

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ