サイトマップ RSS

共通の伝統が生きる都市づくり 特別展「大江戸と洛中~アジアのなかの都市景観」 (1/3ページ)

2014.2.24 14:05

紅葉山東照宮御簾(みす)_1736(享保21)年以前_津山郷土博物館蔵(江戸東京博物館提供)

紅葉山東照宮御簾(みす)_1736(享保21)年以前_津山郷土博物館蔵(江戸東京博物館提供)【拡大】

  • 旧江戸城写真ガラス原板「上梅林門と二ノ丸喰違門」1871(明治4)年(江戸東京博物館提供)

 【アートクルーズ】

 江戸時代の江戸と京都には、共通する都市づくりの伝統が生きていた-。江戸時代の2大都市を東アジアの中でとらえてみようという特別展「大江戸と洛中~アジアのなかの都市景観」が3月18日から、江戸東京博物館で開かれる。

 帝や公家が住んでいた京都と、武家が幕府を開いた江戸は相違点も多いが、江戸東京博物館の斎藤慎一・事業企画課展示企画係学芸員は、「実は都市づくりでは、北京やソウルと同じようにアジア共通の伝統が生きている」と指摘する。

 伝統とは、広場を取り囲む回廊や中心部の東西に延びる宮殿だ。アジアでは紀元前からつくられ、とくに平城京や平安京では、伝統の影響が顕著だった。

 それが変わったのが戦国時代。都市の中心部には宮殿の代わりに、武威を示す城が築かれた。しかし、北京などでみられる、外側に城壁を巡らす伝統は、京都の羅城門や江戸の堀に生きているという。

 新発見、家康霊廟の御簾

 アジアの伝統の中で、江戸に引き継がれたのが、宗廟(そうびょう)と社稷(しゃしょく)。つまり霊廟と神社の建設だ。

紅葉山東照宮で使われていた御簾が初公開

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ