サイトマップ RSS

【ジャンプ】葛西「金より困難」 W杯総合優勝へ虎視眈々 (1/3ページ)

2014.2.28 06:40

 ≪ソチ五輪後初戦 執念の3位表彰台≫

 ソチ冬季五輪のノルディックスキー・ジャンプ男子ラージヒルで銀メダル、団体で銅メダルを獲得した41歳、葛西紀明(土屋ホーム)が、新たな“レジェンド(伝説)”に挑んでいる。狙うは、ソチで取り逃がした金メダルよりも「難しい」と自らが言うワールカップ(W杯)個人総合優勝。日本勢は誰も手にしたことのないタイトルだが、現在総合3位に付け十分に射程圏にとらえている。2月26日にスウェーデンのファルンで行われたソチ後初戦となる第21戦で葛西は今季5度目の表彰台となる3位に入り、まずまずの再スタートを切った。

 残り7戦、逆転狙う

 霧雨の中、鋭く飛び出した1本目。これ以上飛ぶと危険なヒルサイズ(HS)まであと1メートルに迫り、ジャンプ台の最長記録を更新する133メートルを飛んで、2位につけた。ところが、着地で右膝を痛めた。

 「あんなところに落とし穴があるとは思わなかった。雪が軟らかくて(スキーが)埋まって、(膝が)ぐにっとなった」という。

残り7戦 十分に逆転可能

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ