サイトマップ RSS

ソチ五輪のイケメン選手たち 端正・ワイルド…競技に彩り

2014.2.28 14:30

男子フィギュアSPで世界歴代最高得点をたたき出し、この種目で日本男子初の金メダルに輝いた羽生結弦(はにゅう・ゆづる)。宮城県仙台市出身の羽生は東日本大震災で被災し、一度はスケート靴を脱ごうかと考えたこともあったという。「僕の金メダルが復興の手助けになってほしい」と東北への熱い思いを胸に秘める=2014年2月14日、ロシア・ソチのアイスベルク・スケーティング・パレス(古厩正樹撮影)

男子フィギュアSPで世界歴代最高得点をたたき出し、この種目で日本男子初の金メダルに輝いた羽生結弦(はにゅう・ゆづる)。宮城県仙台市出身の羽生は東日本大震災で被災し、一度はスケート靴を脱ごうかと考えたこともあったという。「僕の金メダルが復興の手助けになってほしい」と東北への熱い思いを胸に秘める=2014年2月14日、ロシア・ソチのアイスベルク・スケーティング・パレス(古厩正樹撮影)【拡大】

  • 雨の中、メダルセレモニーに参加したスキージャンプ団体の竹内択(たく)。血液の難病を患っているにもかかわらず表彰台に上がった不屈の精神は、病気と闘う人たちに勇気を与えた=2014年2月18日、ロシア・ソチ(古厩正樹撮影)
  • 2014年ソチ冬季五輪会場。競技は、ロシア・ソチの市街地から約40キロ南東にある黒海沿岸の「アドレル」と、アドレルから約45キロ離れた山岳地域の会場「クラースナヤ・パリャーナ」の2カ所で実施。(C)Google
  • ロシア・ソチ市と、クラスノダール地方
  • ソチ五輪(冬季)=2014年2月6日~2月23日、ロシア・ソチ

 □SOCHI OLYMPICS

 ソチ冬季五輪が終わり、寝不足から解消された一方、一抹の寂しさを感じる方もいるのでは。そこで、印象に残った素敵な男性アスリート、つまりイケメン選手を振り返ってみた。

 ナンバーワン・イケメンには、フィギュアスケート男子で日本初の金メダルを獲得した羽生結弦(はにゅう・ゆづる、19)をあげたい。東洋人離れした長い手足と小顔。幼さが残る顔立ちなのに演技中、時折見せるキッと険しい表情がなんともいえない。韓国や中国のブログなどでも「マンガの世界から出てきたよう」「異星人レベル」などと称賛の言葉が相次ぎ、人気は世界クラスだ。

 氷上のプリンスはまだまだいる。アイスダンスのロシア代表で銅メダルを獲得した、ニキータ・カツァラポフ(22)はソフトなハンサム。ワイルド系なら、スピードスケートのロシア代表、イワン・スコブレフ(31)。端正な顔立ちで、引き込まれそうな真っ青な瞳をゴーグルで隠しているのはなんとも残念だ。同じくスピードスケート500メートルで双子による同時表彰台を達成したオランダ代表のムルダー兄弟(28)。金の兄、ミヘルはワイルドな風貌、銅の弟、ロナルドは甘いマスクと役割分担か。さらにアイスホッケーで金メダルを獲得したNHLのスーパースター、シドニー・クロスビー(26)やカーリング男子団体で銀メダルを獲得した英国のスコット・アンドリュース(24)からも目が離せない。

 雪上種目に目を向けると、各国イケメンぞろいと評判のジャンプ陣。日本代表では、竹内択(たく、26)が印象に残った。銅メダル受賞後の記者会見で血液の難病であることを告白。病に負けずに果敢に挑戦して表彰台に上がった姿に感動した人は多いだろう。ちなみに弟の寿(とし)さん(20)は「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞したタレントだ。

 さらにスキーのスロープスタイルで表彰台を独占した米国の3人もイケメンぞろい。スロープスタイルで銀メダルのマーク・マクモリス(カナダ)などスノーボードにもイケメンは多い。

 冬の五輪はヘルメットやゴーグルで顔を覆う競技が多く、夏のように露出度が高くないが、氷雪を溶かすような熱戦の影にはイケメンあり。4年後の再会を期待しよう。(EX編集部/撮影:古厩(ふるまや)正樹、AP、ロイター/SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ