サイトマップ RSS

生きる奇跡に敬意を払う想い 佐野元春・雪村いづみ 豪華共演盤「トーキョー・シック」 (3/3ページ)

2014.3.5 14:20

  • アーティスト・作詞家、サエキけんぞう(提供写真)
  • サエキけんぞうさんがロックの問題作21枚を取り上げ、苦難の道のりと未来への展望を記した「ロックの闘い1965-1985」(シンコーミュージック、1890円)が発刊されました(提供写真)

 「3.11以降、われわれは戦後と同じような荒廃を体験した。ソングライティングはこの状況を乗りこえられるか、それが自分の課題だった。安易な連帯ではなく、生きる奇跡に敬意を払うこと。トーキョー・シックはそうした想いから生まれた曲だ」

 この2枚のアルバムには一本の長編映画にも匹敵する壮大なロマンが背景にあった。(アーティスト・作詞家 サエキけんぞう/SANKEI EXPRESS

 ■さの・もとはる 1956年、東京都生まれ。82年に、大瀧詠一、杉真理との「ナイアガラ・トライアングルvol.2」、サードアルバム「SOMEDAY」が大ヒット。2010年、デビュー30周年、ベストアルバム「ソウルボーイへの伝言」をリリース。今年4月には、ビルボード東京・大阪で、マンスリーライブ公演が控える。

 ■さえき・けんぞう アーティスト・作詞家。1980年ハルメンズでデビュー、86年パール兄弟で再デビュー、作詞家として、沢田研二、サディスティック・ミカ・バンド他多数に提供。最新刊は「ロックの闘い1965-1985」(シンコーミュージック)。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ