サイトマップ RSS

気軽に自分で「着替える」壁紙 WALPA STORE OSAKA (1/4ページ)

2014.3.6 13:30

DIYで自室をリフォームする若い女性の急増もあり、店内はいつも若い女性で賑わっている=2014年2月21日、大阪市西区(村本聡撮影)

DIYで自室をリフォームする若い女性の急増もあり、店内はいつも若い女性で賑わっている=2014年2月21日、大阪市西区(村本聡撮影)【拡大】

  • トイレットスピリット(8880円)と名付けられたピンクのトイレットペーパー柄はアート感覚と遊び心があふれる壁紙だ
  • 欧州各国の壁紙の見本台帳はまるでアート系のビジュアルブックのようにおしゃれ
  • 初心者用キットのこれだけあれば貼れちゃうセット(1980円)。地べら、なではけ、カッター、ローラーなどがセットされている。水で溶いて使うのり(710円)は別売り
  • 定期的に壁紙貼りの体験教室も開かれる。柄合わせだけで簡単に張れるのも輸入壁紙の特徴だ(村本聡撮影)
  • ゼブラパンサー(1万5800円から)と名付けられたアニマルプリントの壁紙はイギリスの大手メーカー「グラハム&ブラウン」のもの。バーなどの店舗に使用されることが多いそう
  • 元舞台美術デザイナーが手がけるフランスのブランド「コジエル」には、リアルな本棚の壁紙もある(1万1550円)
  • 蜘蛛の巣やスターダスト柄のアクセント壁紙(1万5800円)はポイント使いがお薦め
  • クラシックからポップなものまで、あらゆる壁紙がそろうので自分好みのデザインが必ず見つかりそう
  • 古書店のような外観のWALPA_STORE_OSAKA。木目の壁は壁紙が貼られている=2014年2月21日、大阪市西区

 【Room’s】

 壁紙というと日本でのイメージは地味な白のクロス貼りだが、壁紙屋本舗(本社・大阪市西区)が展開する「WALPA(ワルパ)」の壁紙はシックなモノトーンから鮮やかな色調のものまで多彩で、中にはポップなイラストをあしらったり、水彩画風のものまである。2012年12月にオープンした「WALPA STORE OSAKA(ワルパ ストア 大阪)」を訪れると、アート感覚と遊び心に満ちた楽しい壁紙に出会える。

 デザイン性に富み

 お店を訪れて驚いた。風雨や太陽に長年さらされ、木が退色したような雰囲気が漂う外観は、なんとリアルな壁紙。内装も壁や天井だけでなく、椅子にまでシックな壁紙を使用しており、一見、ヨーロッパの重厚な古書店のよう。

 「欧州は日本と違い、家の中は自分自身で居心地のよい空間へと作り替えるDIYが主流です。なので棚の製作や壁紙の貼り替えは自分でやる人が多い。日本は窓から見える景色、ふすま絵や欄間をめでる文化ですが、欧州は壁を楽しむ文化といえます。そのため、デザイン性に富んだ壁紙が多いのが特徴なんです」と、ストアマネジャーの岡本美岐さん。

幅狭く、扱いやすい

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ