サイトマップ RSS

こだわり素材、上品なだし 食べて飲み干し 先斗町もつ鍋 亀八本店 (3/4ページ)

2014.3.10 17:30

近江牛のこてっちゃんが浮かぶもつ鍋。白味噌仕立ての上品な味わいだ

近江牛のこてっちゃんが浮かぶもつ鍋。白味噌仕立ての上品な味わいだ【拡大】

  • 卵黄が添えられたユッケ。甘いタレを絡めて頂く
  • 白エビの甘酢漬け(左)とポン酢で味わうミノ。いずれもクセになる味だ
  • こってりとした「もつ炙り焼き」は男性客に人気だ
  • 新鮮なイベリコ豚の刺し身。ワサビを添えると味の変化が楽しめる
  • もつ鍋の具材が入った豊臣秀吉ゆかりの「陣中弁当箱」=2014年2月26日、京都市中京区(竹川禎一郎撮影)
  • カンボジアの子供から届いた礼状を示す伊藤秀薫社長=2014年2月26日、京都市中京区(竹川禎一郎撮影)
  • カウンター席では調理を目にして話も弾む=2014年2月26日、京都市中京区(竹川禎一郎撮影)
  • 路地裏の人気店は「もつ鍋」の提灯が目印だ=2014年2月26日、京都市中京区(竹川禎一郎撮影)

 十分に衛生管理がされた「イベリコ豚の刺し身」はワサビを添え、甘みのあるしょうゆにつけて口にすると味の変化が楽しめる。ドングリだけで飼育されたスペイン産のイベリコ豚はもっちりとした舌ざわりで風味も豊かだ。

 牛の第1胃、ミノは紅葉おろしを混ぜたポン酢に浸し、短冊状に切られた山芋と一緒に味わう。あっさりとした味覚の中に、まとわりつく山芋の粘り気が独特の食感を醸し出す。

 自家製のタレに漬け込んだ「近江牛もつ炙り焼き」はこってりとした味わいで、ワサビを添えて口にすると辛みと脂身がほどよくマッチ。若い男性客には評判のメニューで「取り置いてほしい」というリクエストも舞い込むほどだ。

 富山県産の「白エビの甘酢漬け」は酸っぱさをアクセントに濃厚な味付けがされており、酒のアテにはもってこい。

 「京豆腐のサラダ」はレタスやトマト、軟らかい豆腐がたっぷり盛られ、かつお節とのりがかけられている。豆腐を裏ごしし柑橘系の果汁などを混ぜ合わせた特製の豆腐ドレッシングで味わう「水菜のサラダ」にも人気がある。

見返り求めない感謝の徹底

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ