サイトマップ RSS

ソチ五輪後の選手たち 「平昌」見据え 次なる目標へ (1/4ページ)

2014.3.12 15:20

2018年冬季五輪(韓国・江原道平昌郡)、2020年夏季五輪(日本・東京都)

2018年冬季五輪(韓国・江原道平昌郡)、2020年夏季五輪(日本・東京都)【拡大】

 ソチでは冬季オリンピックが終わり、冬季パラリンピックが開催中だ。決して恵まれた環境にあるとはいえない日本選手の連日の活躍には、惜しみない拍手を送りたい。

 一方で、五輪の主役だった選手らも、次なる一歩を踏み出している。いや、五輪の主役だけではない。ソチに縁のなかった選手も、次の目標に向かって走り始めている。

 「カーママ」の愛称は、ソチ五輪カーリング日本代表の北海道銀行チームのものだ。スキップの小笠原歩(35)とサードの船山弓枝(35)がともに結婚、出産を経て復帰し、ベテランらしい冷静な試合運びで五輪ではランキング上位の国を次々食い、5位に入った。予想を上回る活躍ぶりに興奮させられた。

 だが、国内で日本選手権3連覇中だったのは、中部電力である。昨年(2013年)9月、日本代表決定戦の決勝で北海道銀に敗れ、ソチはテレビ観戦だった。五輪を逃し、一時チームはバラバラになりかけたという。スキップの藤沢五月(22)は「カーリングを離れることも考えた」と話していた。

カーリングの魅力 ストーンの行方を追う見開かれた眼

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ