サイトマップ RSS

もっと五輪との一体化を 佐藤真海 (2/4ページ)

2014.3.12 17:15

2014年ソチ冬季五輪会場。競技は、ロシア・ソチの市街地から約40キロ南東にある黒海沿岸の「アドレル」と、アドレルから約45キロ離れた山岳地域の会場「クラースナヤ・パリャーナ」の2カ所で実施。(C)Google

2014年ソチ冬季五輪会場。競技は、ロシア・ソチの市街地から約40キロ南東にある黒海沿岸の「アドレル」と、アドレルから約45キロ離れた山岳地域の会場「クラースナヤ・パリャーナ」の2カ所で実施。(C)Google【拡大】

  • ロシア・ソチ市と、クラスノダール地方
  • 2018年冬季五輪(韓国・江原道平昌郡)、2020年夏季五輪(日本・東京都)
  • ソチ冬季パラリンピック(2014年3月7日開幕、3月16日閉幕)=ロシア・ソチ
  • 女子走り幅跳び選手、佐藤真海(まみ)さん=2011年9月2日(本人提供)

 その中で出場切符を手にした選手たちには本番で今ある力をすべて出し切ってほしいと心から願っています。パラリンピックの選手たちも日本や海外の事前合宿地で、ソチ五輪をテレビで見ていたことと思います。戦う選手たちに感情移入し、同じような心境でその場に立つような感覚になったのではないでしょうか。パラリンピックの協議会場も五輪と同じで、より鮮明なイメージトレーニングにもなり、一気に緊張感が高まっていったと思います。

 なるべく間を空けずに

 一方で、少し残念な思いもあります。ソチ五輪が閉幕したのが先月(2月)23日。間髪入れず五輪の熱もそのままに、パラリンピックが始まればどんなによかったでしょう。選手にとってももちろんですが、応援する世界中の人にとっても、パラリンピック・ムーブメントにとっても、なるべく間を空けずにパラリンピックを開催した方がいいと私は思いました。

 五輪の前にパラリンピックを開催する大会だって、あっていいと思っています。もっと言えば、ソチ五輪の閉会式で、4年後の開催地である韓国・平昌へバトンを渡し、聖火が消されました。この聖火を一度消すのではなく、パラリンピックが終わるまで灯し続けることはできないのでしょうか。

大会ごとに選手のレベル上昇も… 年間の自己負担額は平均144万円

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ