サイトマップ RSS

もっと五輪との一体化を 佐藤真海 (3/4ページ)

2014.3.12 17:15

2014年ソチ冬季五輪会場。競技は、ロシア・ソチの市街地から約40キロ南東にある黒海沿岸の「アドレル」と、アドレルから約45キロ離れた山岳地域の会場「クラースナヤ・パリャーナ」の2カ所で実施。(C)Google

2014年ソチ冬季五輪会場。競技は、ロシア・ソチの市街地から約40キロ南東にある黒海沿岸の「アドレル」と、アドレルから約45キロ離れた山岳地域の会場「クラースナヤ・パリャーナ」の2カ所で実施。(C)Google【拡大】

  • ロシア・ソチ市と、クラスノダール地方
  • 2018年冬季五輪(韓国・江原道平昌郡)、2020年夏季五輪(日本・東京都)
  • ソチ冬季パラリンピック(2014年3月7日開幕、3月16日閉幕)=ロシア・ソチ
  • 女子走り幅跳び選手、佐藤真海(まみ)さん=2011年9月2日(本人提供)

 2020年の東京で、五輪とパラリンピックの2つの大会が一つの祭典としてより一体となれるよう、日本でもできることはたくさんあると思います。

 たとえば、一昨年(2012年)のロンドン五輪は、パラ開幕前にメダリストの銀座パレードが行われましたが、こちらも英国がそうであったように、パラリンピックの終了後に一緒にやるようになればいいなと願っています。

 増え続ける自己負担

 夏季のパラリンピックでも感じていることですが、いま、パラリンピックの世界では、大会ごとに選手のレベルがすさまじい勢いでアップしています。世界記録が次々と塗り替えられているように、選手の可能性の伸びしろが大きい競技、種目が多いのです。海外では国の支援も大きな後ろ盾になっています。

 ロンドン・パラリンピックで行われたアンケートでは、選手たちの年間の自己負担額は平均144万円でした。4年前の北京大会では111万円だったので、負担は増えています。世界のトップと互角に戦っていくためには、より多くのお金と、そして時間と環境が必要になってきています。それが確保できずに、競技継続を断念してしまう選手もいます。

現地拠点「マルチサポートハウス」の利用 今夏のアジア大会から

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ