サイトマップ RSS

移民の大量受け入れ 政府が本格検討 労働力の穴埋め「年に20万人」 (2/4ページ)

2014.3.14 09:40

 ≪労働力の穴埋め「年に20万人」≫

 国論を二分する移民政策について、政府が正面から取り上げたのは異例だ。ただ、内閣府の試算は希望的数値を前提としており、今回は人口減少対策の「1つの選択肢」になり得ることを国民に印象付ける意味合いが強いとみられる。政府は移民議論と並行して、外国人労働者の受け入れ拡大を先行させる考え。世論喚起によって国民の“移民アレルギー”を薄めながら、他方で外国人の単純労働を段階的に解禁し、なし崩し的に「事実上の移民」を拡大する作戦に出ようとしている。

 人口1億人維持

 「50年間で1000万人というのは、相当インパクトのある移民という話だ」

 「全体として10人に1人ぐらいはアコモデート(適応)できる範囲ではないか」

 2月24日に行われた経済財政諮問会議の専門調査会では、内閣府が示した移民試算について活発な議論が交わされた。

 安倍晋三首相(59)も2月13日の衆院予算委員会で「国の将来の形や国民生活全体に関する問題として、国民的議論を経た上で多様な角度から検討する必要がある」と答弁しており、移民議論の機運が急速に盛り上がりをみせ始めている。

目前に迫った労働力不足への対応

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ