サイトマップ RSS

常識では推し量れない手法、表現で 「森の玉手箱」展 (2/3ページ)

2014.3.17 14:45

透明な素材を使い、人間の実存を問い直す木村幸恵さんの作品=2014年3月12日、神奈川県足柄下郡箱根町の彫刻の森美術館・本館ギャラリー(原圭介撮影)

透明な素材を使い、人間の実存を問い直す木村幸恵さんの作品=2014年3月12日、神奈川県足柄下郡箱根町の彫刻の森美術館・本館ギャラリー(原圭介撮影)【拡大】

  • 窓から差し込んだ赤い光を変化させる壁を作る北川貴好さん=2014年3月12日、神奈川県足柄下郡箱根町の彫刻の森美術館・本館ギャラリー(原圭介撮影)
  • 2014年5月2~6日、8月9~13日には角野晃司さんがミノムシに扮しながら外界とコミュニケーションするパフォーマンス「蓑虫なう」も行う=2010年10月13日(提供写真)

 部屋の中に曲がった壁や傾いた壁を次々作っていたのは、北川貴好さん(39)だった。彫刻家・井上武吉設計のギャラリーには、明かりを取る縦長の窓がある。その外壁は赤く塗られているため、もれてくる光も赤い。

 北川さんは、壁をいくつも作ることで、その赤い光の強弱を変化させる。それだけでなく、部屋の奥の暗がりでは、屋外で撮影した、太陽の光を題材にした映像も映す。屋外から差し込む赤い光(自然の太陽光)と映像の光が共鳴するが、時刻によって赤い光と映像の光は変化し、一瞬たりとも同じ空間(部屋)にはならない。

 北川さんは「自分は、環境に手を加えて、風景が変わっていく作品をつくっている」と作風について話した。

 毒?薬? 予測がつかない

 出品者8人は、2010年から毎秋、神戸・六甲山を舞台に開いている現代アートの祭典「六甲ミーツアート 芸術散歩」の参加者たちだ。

 漫画家のしりあがり寿さんは30個のダルマが回転しながら歌う作品を予定。谷山恭子さんは、鉛のテーブルに刻印させ、その上に紙をあてて鉛筆などでなぞるフロッタージュを持ち帰らせる参加型作品を計画している。

ガイド:「ミーツ・アート 森の玉手箱」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ