サイトマップ RSS

常識では推し量れない手法、表現で 「森の玉手箱」展 (3/3ページ)

2014.3.17 14:45

透明な素材を使い、人間の実存を問い直す木村幸恵さんの作品=2014年3月12日、神奈川県足柄下郡箱根町の彫刻の森美術館・本館ギャラリー(原圭介撮影)

透明な素材を使い、人間の実存を問い直す木村幸恵さんの作品=2014年3月12日、神奈川県足柄下郡箱根町の彫刻の森美術館・本館ギャラリー(原圭介撮影)【拡大】

  • 窓から差し込んだ赤い光を変化させる壁を作る北川貴好さん=2014年3月12日、神奈川県足柄下郡箱根町の彫刻の森美術館・本館ギャラリー(原圭介撮影)
  • 2014年5月2~6日、8月9~13日には角野晃司さんがミノムシに扮しながら外界とコミュニケーションするパフォーマンス「蓑虫なう」も行う=2010年10月13日(提供写真)

 図鑑の記録から植物などの写真を切り取って庭園をつくる渡辺英司さん、部屋の中に木漏れ日を出現させる足立喜一朗さん、不思議な感覚の言葉を掲示するイチハラヒロコさんらと、どの作品も常識では推し量れない手法、表現で、鑑賞者の心を揺さぶる。

 黒河内卓郎学芸員は「一般の価値観からはかけ離れた変わった作品を集めた。それが毒なのか薬なのか、楽しいものなのか、予測がつかないという意味で玉手箱と名をつけた。それを読み取ってもらえればうれしい」と、初めての企画展のねらいを話した。(原圭介/SANKEI EXPRESS

 【ガイド】

 ■「ミーツ・アート 森の玉手箱」 3月22日~8月31日まで、彫刻の森美術館・本館ギャラリー(神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121)と周辺。午前9時~午後5時。大人1600円、大・高校生・シニア(65歳以上)1100円、中・小学生800円。(電)0460・82・1161。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ