サイトマップ RSS

W杯ブラジル大会まで3カ月 こけら落とし後も工事は続く (1/2ページ)

2014.3.20 12:15

ブラジル・マナウス、リオデジャネイロ、サンパウロ、クリチバ、ポルトアレグレ

ブラジル・マナウス、リオデジャネイロ、サンパウロ、クリチバ、ポルトアレグレ【拡大】

  • サッカーW杯ブラジル大会_日本の試合会場【1次リーグ】=2014年
  • 2014年W杯ブラジル大会の開催都市
  • 2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会(サッカー)の公式マスコット「フレコ(Fuleco)」。フレコはポルトガル語でサッカーを意味する「futebol」と、エコロジーを意味する「ecologia」を組み合わせた造語。ブラジルの固有種で、絶滅の恐れがあるミツオビアルマジロを採用した。

 ≪あと半分、まだ半分…座席設置に大忙し≫

 冬のスポーツの祭典「ソチ冬季五輪」が終わり、次のビッグイベントである「サッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会」の開幕(6月12日)まで、いよいよ3カ月を切った。史上最多5回の優勝を誇る南米最大の「サッカー王国」での開催とあって、盛り上がりそうだ。3月10日には開催都市の一つであるブラジル北部マナウスのスタジアムのこけら落としが行われ、地元チームによる親善試合が繰り広げられた。

 ブラジル大会の開催都市はリオデジャネイロやブラジリア、サンパウロなど12都市。そのうちのマナウスは、北部アマゾナス州の州都。1年を通して高温多湿で平均気温が30度を超えるため熱帯気候だ。今回こけら落としを行った「アマゾニア・アリーナ」は改築によって4万4500人収容のスタジアムに生まれ変わった。しかし、全てが完成していないため、試合では会場の一部しか使用されなかったという。このスタジアムは昨年(2013年)12月に完成予定だった。

いまだに使用できない クリチバ、サンパウロ、クイアバの3競技場

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ